ながらの座・座

Calendar

講演・トークTalk and Lecture

ZAZA2016トークシリーズ

「好奇心を連れて明日を見に」Vol.2
アサダワタル的思考 “日常再編集”ってナニ?

2016.02.26(金)18:30〜21:00お知らせ, 主催イベント, 記録・レポート, 講演・トーク

「好奇心を連れて明日を見に」Vol.2

2016年 2月26日(金) 18:30〜21:00(開場18:00)
★開催日は金曜日です。ご注意ください。

ゲスト アサダワタル
テーマ:「アサダワタル的思考  "日常再編集"ってナニ?」

分筆、音楽、プロデュース、講師など多彩な活動で最近とみに存在感を高めている
アサダワタルさん。その思考と行動の根っこにあるものは何?

定員:30名
参加費:1,500円
主催:元・正蔵坊と古庭園を楽しみ守る会(ながらの座・座)
会場:ながらの座・座
   〒520-0035 滋賀県大津市小関町3-10(地図
   Tel&Fax: 077-522-2926 Mobile: 090-8576-7999(橋本)
申込:お問い合わせフォームよりお申込みください(先着順)。

「好奇心を連れて明日を見に」Vol.2

Special Report

アサダワタル的思考──日常再編集ってナニ?

トークレポート(日常編集家:アサダワタル)   聞き手:はしもと としこ

ほほほ座の山下・松本さんたちの次の世代の典型的な一人のアサダさん。
どういう場面で出会うかによって全く違う顔・態度をごく当たり前にとる。というか、「アイデンティティは揺らいでよい」「メタ・アイデンティティ」「ふるまい、態度、言い換えが重要な意味を持つ」という思考がベース。

主体は当事者にあるのではなく、受けて側に委ねられている→このあたりの思考はホホホ座にも繋がっている。このような目的的な活動ではなく、ナンとなく日常的に発生する「ズレ」、私的なところ・個人ベースで始まる何かを、自分のやり方で、出来ることからやる、共感を生む、ネットワークを可視化世界を生き抜く世代が確実に活動している。

かれらにとってのリアリティとは? 社会性とは? オモシロくかつもやもやがつぎつぎ湧いて来るのだった。