ながらの座・座

Calendar

大人ライブLive & Performance

古庭園・大人ライブ Vol.11

カルテット・チクルス(全12回)
L.v.ベートーヴェン 弦楽四重奏曲演奏会Ⅰ(全17曲)

2013.05.19(日)14:00〜/17:00〜(1日2回公演)お知らせ, 主催イベント, 大人ライブ, 記録・レポートsold out!!

カルテット・チクルス(全12回)

2013年 5月19日(日) 14:00開演(13:30開場)/ 17:00開演(16:30開場)
※1日2回公演
 17:00〜の部は出演者とみなさまの交流タイムあり(1ドリンク含む)

出 演:佐藤一紀(ヴァイオリン) 谷本華子(ヴァイオリン) 中田美穂(ビオラ) 金子鈴太郎(チェロ)
定 員:40名(各回)(完売につき両公演とも申込み終了しました)
参加費:3,000円
会 場:ながらの座・座
    〒520-0035 滋賀県大津市小関町3-10(地図
    Tel&Fax: 077-522-2926 Mobile: 090-8576-7999(橋本)

チラシ [PDF: 5.9MB]ダウンロード

カルテット・チクルス(全12回)

6年がかりで取り組む「カルテット・チクルス」の第1回がスタートします。
その柱が弦楽四重奏曲の頂点ともいうべきL.v.ベートーヴェンの弦楽四重奏曲。
なみなみならぬ決意で“挑戦”をするのは、座・座でおなじみのメンバー。
フライヤーはスタートにあたっての気持ちを表現してもらったものです。
このプロジェクトは座・座も全力をあげて取り組みますので、みなさまの応援をよろしくお願いいたします。

Special Report

今回、佐藤千晴さんがライブレポートを書いてくださいました。

--

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲はカルテットの「神」レパートリーである。全17曲(第1〜16番と「大フーガ」)のチクルスは、登山家にとってのエベレスト、比叡山の僧侶にとっての千日回峰のようなもの。実力を磨き、機が熟するのを待って挑むべきプロジェクト......とされている。
しかし、ヴァイオリンの佐藤一紀が率いる4人組は「そんなに神格化する必要、ないんでないの?」と、これも一種の挑発的なノリで「ながらの座・座」での全曲演奏をスタートした。毎年1回、6年かけてコンプリートする計画だ。
メンバーはもう一人のヴァイオリンが谷本華子、ヴィオラ中田美穂、チェロ金子鈴太郎。京都府長岡京市が本拠の個性派弦楽合奏団「長岡京室内アンサンブル」の仲間である。

初回(5月19日)に彼らが選んだのは第1、2番と第16番。いきなり初期と晩年の両端をもってきた。1、2番はベートーヴェンが20代で書き始め、30歳になった1800年に出版した。16番は56歳で生涯を閉じた楽聖の最後の作品、出版は亡くなる半年前の1826年秋。
演奏は最初に2番、次に16番、休憩をはさんで1番。最晩年を青春でサンドイッチする趣向だ。前半は佐藤くんが第1バイオリン、後半は谷本さんが第1バイオリンを弾いた。弦楽四重奏は4人の役割が厳密に決まっているから、第1、第2が途中で交代するのは珍しい。
4人は「座・座」でリハーサルを繰り返し、宇治、神戸でプレ演奏会も重ね、気合十分で本番の19日を迎えた。

当日は「座・座」恒例の雨。残念ながら庭園でのベートーヴェンはならず、屋内での演奏となった。
誰より天を恨んだのは演奏する4人だったはずだ。今回、彼らはそろってガット弦を使った。羊の腸を使った昔ながらの弦である。いま一般的なスチール弦に比べ、温度や湿度で音程が狂いやすく、扱いが難しい。雨は大敵だ。が、バロックから古典派が専門の演奏家は愛用しても、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲で使うケースはあまりないガット弦を、なぜ、あえて使うのだろう?
「うまく弾けた時の手応えがたまらない。スチール弦って、誰でも弾けちゃうんですよ。自分じゃなくてもいいじゃんって、なんか、つまらくなった」と、チェロの金子くん。「チューニングにものすごく時間がかかりますから。さすがにベートーヴェンを弾いている時間より長くはならないと思うけど」とギャグを飛ばし、慎重に4人の楽器の音程を合わせてから演奏を始めた。
広間の中央にカルテット、囲むように約40人の聴衆。会話を漏れ聞くと、相当な室内楽好きもいる模様。

私は午後5時からの回を、手を伸ばせばヴィオラの中田さんの肩が叩けそうな位置で聴いた。こんなに演奏者に近い席は初めて。こちらもドキドキするけれど、演奏する方も緊張するだろうな。
音楽専用ホールのような豊かな残響はないし、座布団に体育座りという、はなはだ優雅ではない姿勢だったのだけれど......面白かった!

ベートーヴェンは世界最高峰の腕っこきカルテットが競い合うレパートリーだ。大阪でも今年2月にオーストリアのハーゲン弦楽四重奏団が1番と16番を弾いたし、「座・座」の4日前には東京クヮルテット(結成45年目、今回のツアーで解散する)が14番を演奏した。
それを、世界的には無名の若い音楽家が結成した、まだ名前すらないカルテットが弾く。息づかいまで伝わる小さな空間で、彼らの綱渡りのような試行錯誤まで聞こえてくる。
だから、面白い。音楽をつくる現場をリアルタイムで共有する体験だからこそ、面白い。4人の響きがぴたりと合うと、振動が畳から体にダイレクトに伝わってきた。
ベートーヴェンが弦楽四重奏曲を書いた頃を想像してみる。古典的なスタイルに飽き足らず、数々の実験が詰まった作品だから、譜面を初めて見た音楽家は戸惑いながら音を出しただろう。宮廷やサロンの小さな空間で初めて聴いた人々は「なんて不思議な音楽」と首をかしげたかもしれない。200年を経て、私たちはクラシックを聴くという行為を、「こう演奏するべき」という規範と比べて消費するだけになってはいないだろうか。

終演後、滋賀短期大学のベーカリー部の学生さんたちがベートーヴェンにちなんでつくったチョコレートケーキ(当時のウィーン風を再現してみたという)を、皮ごとたべられる葡萄を添えてサービスしてくれた。指導する金丸政義特任教授が「ベートーヴェンもハイリゲンシュタットの小径を散歩するとき、葡萄畑からひょいっとつまんで口にしたかもしれない」と発案したのだとか。
「座・座」という場で聴くベートーヴェンは、音楽ホールとはまったく別の体験だ。(佐藤千晴)

--

※画像をクリックすると拡大サイズでキャプション付きでお楽しみいただけます。

こんな至近距離で聴けるのは座・座ならではの幸福。 40人は入れます。

緊迫いやノリノリ? 休憩タイムに雨の庭を楽しむひとたち

お疲れさま~。 ベートヴェンが食べたのでは?というオリジナルケーキとぶどう