ながらの座・座

Calendar

特別企画

「ながらの座・座 」秋の特別公開

丸井金猊作品展示

2012.09.23(日)- 29(土)お知らせ, 主催イベント, 特別企画, 見学会, 記録・レポート

丸井金猊作品展示

2012年9月23日(日)〜29日(土) 10:00〜18:00(最終日は21:00)

見学料:500円(簡単な説明とお茶付き)
会 場:ながらの座・座
    〒520-0035 滋賀県大津市小関町3-10(地図
    Tel&Fax: 077-522-2926 Mobile: 090-8576-7999(橋本)
※お越しになる前にお電話ください(090-8576-7999)。
※メールでのお問合せはお問い合わせフォームまで。

展示作品:
芥子花圖  1930年(昭和5年)  絹本・着彩, 軸 45.5×51.8cm
鶯圖    1930年(昭和5年)  絹本・着彩, 軸 39.4×46.3cm
稚児圖條暢 1930年(昭和5年)頃 絹本・着彩, 軸 117.8×37.0cm
霜晨    1932年(昭和7年)  絹本・着彩, 軸 111.6×70.1cm
婦女圖   1937年(昭和12年)  絹本・着彩, 軸 116.0×41.5cm
・薫風    1937年(昭和12年)  下絵(東宝劇場壁画) 300.0×350.0cm

丸井金猊 Kingei MARUI
東洋画家(日本画) 1909―1979 年

明治42年愛知県葉栗郡(現・一宮市)生まれ。本名は丸井金蔵。
東京美術学校(現東京藝術大学)日本画科卒業(同期には杉山寧氏が在籍)。
独特の画風で学生時代より旺盛に創作活動を行うが時代は戦争へ暗転。画家の道を閉ざされ、後半生は神奈川県立神奈川工業高校工芸図案科でデザイン教育に情熱を傾ける。退職後、再び絵筆をとるが69歳で歿。
代表作に東宝劇場階段ホール壁画「薫風(火災焼失)」、屏風「壁畫に集ふ」。
1997年より遺族が金猊作品の展示活動を開始(当時の地元だった市民ギャラリー「三鷹市美術ギャラリー」からスタート)。2008年郷里の一宮市博物館で特別展「いまあざやかに丸井金猊展」開催。毎年秋には東京・谷中の芸工展に参加。今年で15回目の展示機会を数える。
http://kingei.org/

Special Report

イベント前日の9月21日(金) に展示設営を行いました。
高さ3m、幅3.5mの下絵設置にはどうしても人数が必要(最低5人)ということで、犬のジジ散歩仲間の細川さん、ボランティアの鈴村さん、丸井夫人のかおりさんに来てもらって無事展示することができました。

高さ3m、幅3.5mの下絵を持ち上げる方法を検討中。 高さ3m、幅3.5mの下絵を無事展示し終えたところで記念撮影。

9月22日(土) のイベント後も丸井金猊作品展示は29日(土)まで一週間継続。
平日の来客数は少なかったものの、一人のお客さんの滞在時間は座・座効果(靴を脱いで座る)もあってか6点の作品展示ながらとっても長く、初対面初訪問ながら2時間半ゆっくりされて行かれたお客さんも。たいへん充実した展示となりました。以下、丸井さん撮影の展示風景。

会場に入ると全体が見渡せる。 火災で焼失した東宝劇場の幻の壁画「薫風」の下絵。

庭の木漏れ日がここちよい。 三本の軸が並んだ正面床の間。

畳間でゆったり座って見る掛け軸。 書院には金猊ポートレイトが右から若い順に並ぶ。

夕方のやわらかい日差しが下絵を明るく見せる。 受付テーブルでは絵はがき販売やこれまでの展示チラシなどを紹介。

今回の展示ではゲーム感覚のアンケート「100万(mine)project」も実施。
以下のルールでお客さんに金猊作品に値をつけてもらいました(一位選択作品の絵はがきプレゼント)

「ながらの座・座」にいる間だけ、使える100万があなたの手元にあったとします。
その100万で下の五つの掛け軸を落札できるとしたら、あなたはどういう落札額をつけますか?
・ 一点買いでも五点すべての落札でも構いません。欲しくなければ無記入でOK。
・ 二点以上落札する場合は、一番高い落札額と二番目の額が一致しないようにしてください。
・ 単位は1万から。100万すべて使う必要はありませんが、合計100万以内にしてください。

芥子花圖
芥子花圖
鶯圖
鶯圖
稚児圖條暢
稚児圖條暢
霜晨
霜晨
婦女圖
婦女圖

その集計結果をご報告いたします(解答者数:65人・ただし有効回答のみで算定:n/a 5人)

100万(mine)project

居住・出身別では、滋賀県を中心に滋賀県より北東を東日本、南西を西日本としています。
作品の好みだけでなく、家に飾ることを想像してみたり、人にプレゼントすることを念頭に置いたり、判断基準は人それぞれ。
性別や地域で芥子花圖と鶯圖の位置取りがだいぶ変わるという面白い結果が出てきました。

Facebook のページでも紹介されています。
http://www.facebook.com/events/171333782991303/